ジュエリーのオーダーメイド
リフォーム・修理、買取の
ご相談はこちら

0120-460-406

各店舗の電話番号はこちら

一覧に戻る

本物だと思っていたのに…。売却前に知っておきたい、メッキ品の見分け方4つ。

金メッキはある程度自宅で本物かどうかを調べることができます。

 金メッキかどうかを調べる方法

売却前の査定で本物だと思っていた貴金属が金メッキだとわかったらショックです。そうならないためにも自宅である程度金メッキかどうかを調べておくとよいでしょう。ここでは金メッキかどうかを調べる方法をいくつかご紹介します。

 

刻印を確認する

最も簡単な方法は、刻印を見ることです。本物の金であれば、K18やK24といった、Kと数字の組み合わせが刻印してあります。これは18金や24金といった意味です。日本では金は24分率で表され、18金というのは24分の18が金、という意味。18Kと表記されていることもあります。

メッキの場合は、これに加えてGPやHGE、GFなどのアルファベットが刻印されています。GPは電気分解による薄いメッキがされていること、HGEはニッケルやコバルトなどの素材を加えて金の固さを調整したしたもの、GFは高熱で表面に金を圧着した剥がれ落ちにくいメッキ加工です。指輪であれば内側、ネックレスは留め金の部分に刻印があるのが一般的です。

 

磁石を使って

本物の金は磁石には付きませんから、磁石を近づけたときにくっついたら、メッキということになります。ただし、磁石に付かない金属を使ってメッキを施している場合もあるので、磁石に付かなかったからといって確実に本物というわけではありません。

 

剥がれている部分はないか

金メッキは、角など圧力がかかりやすいところは剥げやすくなっています。使ているうちに、そこだけ色が変わって下に違う色が現れてくるのです。擦れた部分が剥がれて違う色が見えている、という場合はメッキを疑ったほうがよいでしょう。

 

重さ

金は非常に比重の重い金属です。同じサイズであれば、シルバーやプラチナのほうが重たいので価格は高くなります。本当に調べるなら、容器に入れた水に金を沈めて体積を計り、はかりで測ったその金の重さ÷体積で比重を求めます。金の比重は19g/mlですので、それに近ければすべて金である可能性が高いです。ただし、金の純度によって多少比重は異なりますし、ホワイトゴールドやイエローゴールドなどでも違ってきますので、それだけで判断するのも難しいかもしれません。

 まとめ

金のジュエリーが本物かどうか調べるには、やはり刻印を確認するのが確実です。「K18」などの刻印があれば安心してしまいがちですが、それに加えて特定のアルファベットがある場合は、メッキだという刻印です。

ぐにできない方法もありますが、中には自宅で簡単にできる方法もありますので、いざという時のために持っている金のジュエリーが本物かどうか簡単な方法で調べてみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る