ジュエリーのオーダーメイド
リフォーム・修理、買取の
ご相談はこちら

0120-460-406

各店舗の電話番号はこちら

一覧に戻る

バイカラー宝石とは何ですか?単色に比べて価値はどうですか?

 

ひとつの宝石に2種類のカラーがあるものをバイカラー宝石と呼びます。

バイカラー宝石とは

アメジストとトルマリンのアメトリン

ひとつの宝石に2種類のカラーをもつものをバイカラー宝石と呼びます。含まれている成分や、できた年代によって石の両端で違うカラーになっていたりするもので、サファイアやタンザナイト、トルマリンなどにみられる現象です。

色の境目は、比較的はっきり分かれているものもあれば、グラデーションになっているものなどさまざまですが、いずれにしても、ブルーとピンクや、青紫と赤紫など、はっきり色の変化がわかるほど違った2色が現れている石も少なくありません。

また、アメジストは長時間熱が加わることでシトリンという種類の石に変化するのですが、この変化過程にあったり、特殊な状況で行われたりすることによってアメジストとシトリンのバイカラーによるアメトリンになることがあります。これは、カラーだけでなく2つの鉱物そのものが混ざり合った珍しい例です。

 バイカラー宝石の魅力

バイカラー宝石の魅力は、なんといってもその神秘性にあります。通常の宝石ではありえない色合いであり、2色の混ざり合う不思議な美しさは単色の宝石では感じられないものです。

それぞれの色に合わせた小さなカラーストーンを配して、ファッション性を高めたジュエリーも少なくありません。使い方によっては、単色以上の華やかさや宝石の神秘性を見せることができるのが、バイカラー宝石の魅力なのです。

 バイカラー宝石の価値

バイカラー宝石ができる要因はさまざまですが、特殊な状況で偶然にできる産物であることが多いため、非常に希少価値が高いものです。

また、宝石によってはどのようにしてバイカラー宝石ができるのかの詳細がわからないものもあります。

希少でしかも神秘的な美しさを持つことから、古来からバイカラー宝石は高い価値があるとされており、高値で取引されることも多いです。なかなか市場に出回らないこともあり、中古でもかなりの高値が付く場合も少なくありません。

 まとめ

バイカラー宝石とは、ひとつの宝石が2色のカラーを持つものをいいます。種類や色合いはさまざまですが、はっきりと違うカラーに分かれているものもあり、その神秘的な美しさと、希少価値の高さから、市場での取引もかなり高値になることが多いです。

同じものは存在しない珍しい石になりますので、気に入ったものに出会った場合はその場で購入を検討したほうがいいかもしれません。

一覧に戻る