ジュエリーのオーダーメイド
リフォーム・修理、買取の
ご相談はこちら

0120-460-406

各店舗の電話番号はこちら

一覧に戻る

指輪の石がくすんできたときの対処法には何がありますか?

石の種類でお手入れの方法は異なります

指輪の色のくすみ

新品の時は美しい輝きを放っていた指輪の石が、嵌めているうちにくすんでくるということはよくあります。指輪はどうしてもあちこちに触れることが多いため、細かい傷ができたら、皮脂、化粧品などの油分や埃、よごれが付着することもあります。こうしたよごれが積み重なって、くすみになってしまうのです。

指輪の洗浄

くすみが気になるほど指輪の石が汚れてしまった場合は、洗浄を行うのがおすすめです。最も安心なのはジュエリーショップなどに依頼してクリーニングをしてもらうことですが、自宅である程度きれいに洗うこともできます。

方法は、ぬるま湯と柔らかいブラシ、中性洗剤などを用意して、ぬるま湯につけてある程度汚れを浮かせた指輪を、薄めた中性洗剤で優しく洗い、水分を優しく拭き取ります。ダイヤモンドなど、多くの石はこの方法で輝きを取り戻しますが、エメラルドや真珠などは水洗いに適していないので、石によってお手入れの方法を変えることも大切です。

日々のお手入れ

くすんでしまった石は、ぬるま湯と中性洗剤で洗うこともできますが、これは毎日行うわけではありません。日々のお手入れとしては、使用後に乾いた布で拭く程度で十分です。その日に着いた汚れをふき取ることで、くすみはある程度防げます。ゴシゴシこする必要はありませんから、あくまでも優しく拭き取るようにしましょう。

身につけるときにも、汚さないようにメイクが終わってからつけたり、必要以上に手で触ったりしないようにすることも忘れずに。簡単なお手入れで、くすみのない状態を保つこともできますので、習慣にしておくとよいでしょう。

まとめ

宝石のくすみは、皮脂やファンデーションによる汚れが蓄積したり、こびりついたのが原因という点もありますから、普段から身につけたらそのつど乾いた布などで汚れをふき取るようにします。

汚れがひどく、くすみが気になる場合には中性洗剤とぬるま湯で簡単なクリーニングをするのも良いでしょう。このクリーニングでかなりきれいになりますが、こうしたクリニング方法は宝石によっては使えないので、定期的にジュエリーショップでクリーニングしてもらうことをおすすめします。

次へ

一覧に戻る