ジュエリーのオーダーメイド
リフォーム・修理、買取の
ご相談はこちら

0120-460-406

各店舗の電話番号はこちら

一覧に戻る

せっかくリフォームしたのに、似合わない…。ジュエリーリフォームの依頼前に確認して置くべきこと3つ。

実際に自分がイメージをしてから、デザインを決めることが大切です。

自分のファッションに似合うデザインですか?

誰にでも自分の好みのファッションがあり、選ぶ装いはそれに即したものに偏りがちです。カジュアルな好みであればカジュアルな服装が多くなりますし、シンプルなモノトーンが好きな人もいるでしょう。ジュエリーリフォームのデザインを決める場合は、自分の装いに似合うようなものにしないと、結局似合わなくて使わずじまい、ということになりかねません。たとえばカジュアルな装いにもつけやすいようにシンプルなデザインにしたり、モノトーンの服のワンポイントに使えるように逆に華やかで目を引くようなデザインにするのもよいでしょう。いずれにしても、自分のファッションに似合うようなものを選ぶことは大切です。

肌の色や、指の形などに合っていますか?

肌の色によっても、似合うジュエリーは変わってきます。色の白い人はシルバーやプラチナなどの透明感のあるジュエリーが似合いますし、小麦色の肌にはゴールドのアクセサリーが素敵です。とくに目鼻立ちがハッキリした南国風の雰囲気を持つ方なら、大きな石のついたアンティークなど、個性的なデザインのものも自然につけられるでしょう。

指輪の場合は指の太さなども関係していて、指が太い場合は華奢な指輪をつけるとさらに指を太く見せてしまうので、リング部分がしっかりしたボリュームのある指輪がおすすめ。逆に指が細い場合はボリュームのある指輪は指を貧相に見せてしまうので、華奢な指輪をスッキリとつけるのがよいでしょう。

使うシチュエーションはありそうですか?

そのジュエリーをつける機会がありそうかどうかも、デザインを決める前に考えておく必要があります。たとえば、あまり着飾って出かける機会がないのに、ゴージャスなデザインのジュエリーにしてしまうと、結局使う機会がない、ということで仕舞ったままになりがちです。小さいお子さんがいる場合はあまり凹凸のある指輪はつけづらいということもあるでしょう。

自分のライフスタイルに合わせたデザインにすることも大切なのです。

まとめ

ジュエリーリフォームをする場合は、自分のライフスタイルや肌の色、指の形などを考えて、使いやすいものにするのがおすすめです。リフォーム後に、そのデザインで自分が身につけているところを想像して、似合うかどうか、使う機会が多そうかどうかを考えてから依頼するようにしましょう。

一覧に戻る