ジュエリーのオーダーメイド
リフォーム・修理、買取の
ご相談はこちら

0120-460-406

各店舗の電話番号はこちら

一覧に戻る

後悔しない指輪リフォームのための注意点4つ。

指輪リフォームを成功させるには、事前の打ち合わせが大切です。

指輪をリフォームして、好みのデザインにする、というのは嬉しいものです。しかし、せっかくリフォームしたのに思い通りにならなくて後悔する、ということの内容に、いくつか注意したほうがよい点があります。

注意点1 打ち合わせはしっかり

どのようにリフォームをして、どんな仕上がりにしたいのか、という自分のイメージを、しっかり相手に伝えるように、打ち合わせはしっかりおこなっておきましょう。見本となるジュエリーを参考にしたり、イメージを絵に描いて伝えたり、はっきりしたイメージがある場合はそれを的確に伝えるようにします。明確に決めていない場合でも、好みを伝えることで、気に入った提案をしてもらえるので、打ち合わせは大切です。

注意点2 今使っているストーンを全部使わなくてもよい

リフォーム前の指輪についているストーンを全部使ってリフォームしようとする人がいますが、必ずしも全部使う必要はありません。デザイン上不要な石は買い取ることもできますし、足りなければ足すこともできますから、まずはデザインが好みのものになるように、考えて行くのがよいでしょう。

注意点3 職人の熟練度は大丈夫?

指輪のリフォームは、職人がひとつひとつ手作業で行います。そのため、職人の技術や熟練度によって、仕上がりに差が出るのです。せっかくのリフォームを成功させるためにも、熟練した職人が加工してくれるショップで依頼することが大切です。経験はもちろん、実績がどれくらいあるかなど、確認してからお願いするようにしましょう。

注意点4.アフターサービスの有無

仕上がったものがイメージと違ったときに修正してもらえるのか、サイズが合わなくなったら直してもらえるか、クリーニングなどのサービスはあるかなど、アフターサービスの有無も大切です。きちんとケアしてもらえるショップを選ぶようにしましょう。

まとめ

ジュエリーリフォームで後悔しないためには、まず自分の頭にあるイメージを相手がわかる形でしっかり伝えることが大切です。また、使っている石を無理に使おうとせずに、より良いデザインになるように相談しながらデザインを決めていくのがよいでしょう。職人の技術によって仕上がりは全く違うので、熟練度の高い職人がいるショップでお願いするのも、上手く仕上げるコツです。

一覧に戻る