ジュエリーのオーダーメイド
リフォーム・修理、買取の
ご相談はこちら

0120-460-406

各店舗の電話番号はこちら

一覧に戻る

傷だらけでくすんでしまった指輪をピカピカに。新品仕上げとは?

表面を磨いたり再メッキを施すことで、新品のような輝きを取り戻す加工のことです。

指輪についた細かい傷が輝きを失わせてしまいます。

指輪は、大切に使っていても、細かい傷やくすみによって輝きが失われてしまいがちです。よく使う、愛用の指輪こそこうした傷もつきやすいでしょう。こんな場合は、新品仕上げという方法で再び新品のような輝きを取り戻すことが出来ます。

新品仕上げとは

新品仕上げを行うには、洗浄やパフという専用の機械をつかって指輪の表面を磨いていきます。円盤状の研磨機が高速で回転することで、表面を磨いて傷をなくしていくのです。深い傷がある場合は、同じ素材で溝を埋めてから、研磨を行うこともありますが、仕上げ磨き自体は1,500円~3,000円程度が相場です。

 

宝石がついている場合は宝石を外して新品仕上げを行い、再び宝石をはめ直して仕上げることが多いです。また、素材によって扱いも変わってくるので、異素材を組み合わせたデザインリングなどは、新品仕上げが可能な場合でも料金が割高になることもあります。

 

ホワイトゴールドや、ピンクゴールドなどのメッキをしている指輪の場合、メッキが剥がれてくると普通のゴールドになってしまうため、磨いたうえで再メッキを行います。メッキは別料金になるのが一般的で、素材によって対応も異なります。

新品仕上げをするときの注意点

新品仕上げは、職人が一つ一つ手作業で行うものですから、職人の技術によって仕上がりは左右されます。大切な指輪をきれいにするためにも、信頼できるショップにお願いすることが大切です。また、素材やデザインによっては新品仕上げを断られる場合もあります。プラチナやゴールド、シルバーなど、一般的な素材であれば通常は大丈夫ですが、あまり使われない素材を使っていたり、異素材を組み合わせたコンビネーションリングなどは出来ない場合もありますので、購入時にそのショップでの新品仕上げが可能かどうか確認しておくほうが無難でしょう。サイズ直しや、リフォームのついでに新品仕上げを行うことも多いです。

まとめ

長年使って細かい傷がついたり、くすんだりした指輪は、新品仕上げで再び輝きを取り戻すことができます。数千円程度で新品の同様のきれいな指輪に生まれ変わるので、古びて使いづらいという指輪は新品仕上げをおすすめします。

一覧に戻る