ジュエリーのオーダーメイド
リフォーム・修理、買取の
ご相談はこちら

0120-460-406

各店舗の電話番号はこちら

一覧に戻る

急なお葬式で困った!パールネックレスの糸交換の目安と普段のメンテナンス方法。

急な使用に困らないためには数年おきに糸替えを行い、普段から清潔に保つようにしましょう。

パールネックレスを美しく保つには、普段のメンテナンスなどが大切です。

パールネックレスは、きちんとメンテナンスをしていれば代々美しく使えるジュエリーです。日々のメンテナンスや保管に注意して、適切なタイミングで糸交換をするようにしましょう。

日々のメンテナンス

パールネックレスのメンテナンスの基本は、使用後に乾いた柔らかい布で拭いておくことです。パールは皮脂や汗に弱く、一日使用するだけでも皮脂や汗などが付着してしまい、そのままにしておくと変色したり変質して輝きが損なわれてしまいます。そのため、使用後は必ず乾いた布で拭いてからしまうようにしましょう。また、化粧品やヘアスプレーなどもできるだけ付着しないほうがよいので、ヘアメイクが終わってから身につけるようにしましょう。汚れや黄ばみが気になるようであれば、宝石店でクリーニングすることもできます。購入時にクリーニングについて聞いておくのが一番よいのですが、譲り受けたものなどでも対応してくれる宝飾店は多いので、問い合わせてみるとよいでしょう。

保管方法

パールは、宝石の中では硬度が低く、他の宝石と一緒に保管していると、傷がついてしまうことがあります。そのため、購入時の箱に入れるなど、他の宝石と接触しないところ保管しましょう。極端に乾燥したり、温度が高いところも苦手なので、調湿材などを入れて、ストーブの近くなど、熱くなる場所を避けて保管するようにします。

糸替えのタイミング

パールそのものは長年美しさを保つことができるのですが、パールをつなぐ糸は使わなくても自然に劣化していきます。急なお葬式で使わなければならないのに、糸が切れてしまった、ということにならないように、劣化する前に糸替えをするのが良いでしょう。目安としては、25年程度での交換がおすすめですが、パールとパールの間にすき間ができ、糸が見えるようになっていたら、交換のタイミングです。

まとめ

上品で美しい輝きを放つパールネックレスは、きちんとメンテナンスして保管すれば長く愛用することができるジュエリーです。使用後は乾いた柔らかい布で拭き、数年おきに糸替えをするなど、きちんとメンテナンスをして、美しい状態で使っていきましょう。大切に使えば、代々譲り渡して使うことも可能です。

次へ

一覧に戻る