ジュエリーのオーダーメイド
リフォーム・修理、買取の
ご相談はこちら

0120-460-406

各店舗の電話番号はこちら

一覧に戻る

1月の誕生石、ガーネット(柘榴石 ざくろいし)について。

1月の誕生石は、柘榴石とも呼ばれるガーネットです。

 1月の誕生石

1月の誕生石は、ガーネットです。日本では昔から柘榴石、とも呼ばれており、柘榴のような赤い色が特徴的な宝石になります。日本人にとってはガーネットは赤い柘榴のような色が特徴的ですが、実はガーネットは赤いものだけではありません。産地や成分によってその色はさまざまで、青のガーネットはないものの、そのほかの色はほとんどの色が見つかるくらいバリエーション豊かな宝石です。

 ガーネットとは

ガーネットが柘榴石と呼ばれるのは、その色が赤くて柘榴のみと同じ色、というだけではありません。ガーネットは岩の割れ目などに決勝が張り付いてできることから、その姿が柘榴のようなのです。ガーネットは赤や黄色、緑などさまざまな種類がありますが、同じガーネットでも色が違うものは成分が違うことも多く、その構造が似ているというのにすぎません。その点はガーネットの特殊なところで、本来ならば違う種類になってもおかしくないのにガーネットとして扱われているのが面白いところです。

 宝石言葉など

ガーネットの宝石言葉は、貞操、真実、友愛です。周囲の人と、誠実な態度で節度を持った親交を深める姿が一月生まれの人の特徴です。また、一月生まれは寒い季節に生まれたことで、忍耐強いと言われています。苦難に耐えて努力を続け、やがて実を結ぶというこの宝石の意味は、1月生まれの人にはピッタリでしょう。外国ではガーネットは生命力を意味するとされており、ガーネットを身に着けることで身を守る効果があるとされています。聖書に出てくるノアの箱舟で灯りをともしたのがガーネットなのです。

 ガーネットを使ったコーディネート

ガーネットにはいろいろな色がありますが、やはり日本では赤い色が特徴的です。そのため、ファッションジュエリーとしても人気が高く、ダイヤモンドどの他の石とのコンビにたり、いろいろな色を使ったジュエリーのアクセントとしても使いやすい宝石です。

 まとめ

1月の誕生石はガーネットです。柘榴石とも呼ばれるこの石は、赤以外にもいろいろな色があるのですが、日本ではやはり赤のガーネットが人気で多くのジュエリーにつかれています。生命力を象徴し、身を守るという意味から身に着ける人も多く、パワーストーンとしても人気の高い宝石です。宝石言葉は貞操・真実・友愛です。

一覧に戻る