ジュエリーのオーダーメイド
リフォーム・修理、買取の
ご相談はこちら

0120-460-406

各店舗の電話番号はこちら

一覧に戻る

ダイヤモンドより希少?タンザナイトってどんなカラーストーンですか?

タンザニアの夕暮れの空を思わせる美しいブルーの宝石です

タンザナイトの発見

タンザナイトが発見されたのは1960年と比較的新しく、場所はルビーの採掘を行っていたタンザニアのメレラニ鉱山でした。青いタンザナイトは最初はサファイアかと思われていましたが、鑑定の結果、それまでピンクや緑の石だと思われていたゾイサイトだということがわかり、世にも珍しい青いゾイサイトということで話題になりました。主要販売業者として契約したティファニーにより、タンザニアの夕暮れの空のような色合いから、タンザナイトと名付け、ゾイサイトよりもその名前が知られるようになったのです。

タンザナイトの特徴

タンザナイトは、青色のゾイサイトで、多色性があるのが特徴です。多色性とは、光の加減や見る角度によって色が変わるというものです。自然の光の下では青く輝くタンザナイトですが、人口のライトの下では紫色が強く出るなど、いろいろな色合いを楽しむことができます。この色は、紫色を引き出すバナジウムに、酸化クロムが合わさることで濃い青になるのですが、バナジウムや酸化クロムが少ないと、通常のピンクや緑のゾイサイトになるのです。また、特定の方向に対して割れやすい性質もあるため、あまり細かい加工をすると割れてしまうこともありますので、丁寧に扱うことも大切です。

希少価値が高い

タンザナイトは、ダイヤモンドよりも希少な宝石だと言われています。ゾイサイトそのものはそれほど珍しいわけではないのですが、タンザナイトと認められるのはゾイサイトの中でも深いブルーの色合いをもつもののみ。そして、青いゾイサイト、つまりタンザナイトは、現在でも発見されたタンザニアのメレラニ鉱山でしか採れないのです。世界中でここでしか採れない宝石であることから、ダイヤモンドよりも希少な宝石と言われており、その産出量も徐々に減っていることから、その希少価値はさらに高まることが予想されます。

まとめ

タンザナイトは、深いブルーのゾイライトで、光の加減や見る角度で色合いが微妙に違う珍しい石です。タンザニアのメレラニ鉱山でしか採れない上に、約80年前に発見されたばかりの比較的新しい石であることからも、絶対的な流通量が少なく、ダイヤモンドよりも希少な宝石だと言われています。

一覧に戻る