ジュエリーのオーダーメイド
リフォーム・修理、買取の
ご相談はこちら

0120-460-406

各店舗の電話番号はこちら

一覧に戻る

結婚指輪でよく悩む。ブランド指輪とノンブランド指輪のメリット・デメリット比較。

ブランド指輪は安心ですが、気に入るものがあればノンブランドでももちろん問題ありません。

 結婚指輪はブランド指輪がよい?

指輪にもいろいろなブランドのものがあり、結婚指輪にブランド指輪を選ぶ人も少なくありません。一方ノンブランドの指輪もたくさんあるので、どちらを選べばよいかわからないという人も多いでしょう。ブランド指輪とノンブランド指輪には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 

ブランド指輪のメリットは?

ブランド指輪のメリットは、やはり品質についての安心感があるということでしょう。そのブランドの銘を打って販売しているわけですから、一定以上の品質であることは確実です。

また、ブランドによっては一目でそのブランドとわかるようなデザインのものもあり、好きなブランドであれば常にそのブランドの指輪を身に着けていられる、というのも嬉しいポイントではないでしょうか。

さらに、ブランドにもよりますが、サイズ直しやメンテナンスを何年経っても行ってくれる、というサービスをしているところも多いです。

 ブランド指輪のデメリットは?

ブランド指輪のデメリットは、やはり価格が高いという点にあります。ブランドによって価格は違いますが、同じ素材で似たようなデザインであっても、そのブランドである、ということで価格が跳ね上がるものも多いです。

 ノンブランド指輪のメリットは?

ノンブランド指輪のメリットは、品質の割に安く購入できるという点があるでしょう。ブランドである、という価値がない分、指輪そのものの品質の価格が基本です。実際のところ、結婚指輪は特にシンプルなデザインを選ぶ人が多く、着けている状態ではブランドものかどうかわかるものはほとんどありません。

結婚すると何かとお金がかかりますから、結婚指輪は品質本位でノンブランドのものを選び、別のところにお金をかけたいというカップルが多いのも当然でしょう。

オーダーメイトリングなどは、好きなデザインにできますが、これもほとんどがノンブランドです、ノンブランドでも好きな指輪にしたい、という人には人気があります。

 ノンブランドのデメリット

ノンブランドということで、売却するときの価値はどうしても低くなります。地金代のみの価値というのが一般的でしょう。とはいえ、結婚指輪の場合はブランド物であってもリセールバリューはあまり期待できないので、その点は心配ありません。サイズ直しなどのメンテナンスの点で、ブランド物のように長期の保証がないという点はデメリットにあたります。

 まとめ

結婚指輪はブランド物もノンブランドのものもたくさん売られていますが、どちらもメリット・デメリットがあります。さまざまなものを見比べて、好みに合ったものも選ぶのが良いでしょう。

一覧に戻る