ジュエリーのオーダーメイド
リフォーム・修理、買取の
ご相談はこちら

0120-460-406

各店舗の電話番号はこちら

一覧に戻る

ジュエリーの買取にも色々な方法があります。そのメリットとデメリットを比較。

 

店頭買取、出張買取などさまざまな方法がありますが、いずれもメリット・デメリットがあります。

 ジュエリー買取の方法あれこれ

使わなくなったジュエリーは、買取りを利用するとよいでしょう。ジュエリー買取には、自分でショップに持ち込む店頭買取のほか、ショップのスタッフが自宅などまで買取に来てくれる出張買取、ショップに買い取ってほしいジュエリーを送付して見積もりをしてもらう宅配買取などいくつかの方法がありますが、どれもメリット・デメリットがあります。

 店頭買取のメリット・デメリット

店頭買取のメリットは、やはり対面して査定をしてもらうため、説明などをしっかり受けられるということがあります。その場での金額交渉もできますし、交渉が成立すればすぐに現金が支払われるほか、金額に納得がいかなければ取りやめるのも簡単です。

デメリットとしては、近くに買取りを行うショップがあればよいのですが、遠方の場合は出向くのが大変だったり、売りたいジュエリーがたくさんある場合には持ち込むのも大変、ということもあります。

出張買取のメリット・デメリット

出張買取のメリットは、ショップまで出向くことなく、対面で買取の交渉が出来るという点です。なかなかショップに持ち込めないけれども、対面交渉をしないと心配、という場合は出張をお願いするとよいでしょう。

特に、売りたいジュエリーがいくつもある場合は、出張買取を利用すればその場で複数あるジュエリーの中からどれを売るかという交渉もできるので便利です。

デメリットとしては、その時間には家で待っていなければいけないので、結局時間は拘束されるということや、査定の結果金額に納得できなくても、わざわざ来てもらったということで断りにくいという点があります。

 宅配買取のメリット・デメリット

宅配買取のメリットは、梱包して送付するだけで、時間をかけることなく査定をお願いできるという点があるでしょう。なかなかショップに持ち込む時間がないという人や、近くに買い取ってくれるショップがないという場合はとても便利です。

対面交渉ではないので、金額に納得がいかなければ断りやすいというのも魅力かもしれません。

一方、梱包して送付するのに意外と手間がかかるということや、やはり宅配ということで紛失などの心配といったデメリットもあります。また、査定金額がわかるまでに日数が必要だったり、金額に関する交渉などがやりづらいのもデメリットでしょう。

 まとめ

ジュエリーの買取には、いろいろな方法があり、人によって使い勝手の良い方法は異なります。検討して、自分に合った方法を利用するのが良いでしょう。

一覧に戻る