ジュエリーのオーダーメイド
リフォーム・修理、買取の
ご相談はこちら

0120-460-406

各店舗の電話番号はこちら

一覧に戻る

イニシャルや記念日、メッセージなどの刻印入りの指輪でも買い取ってもらえますか?

刻印が入っている指輪でも、業者によっては買い取ってもらえます。

 刻印が入った指輪も買い取ってもらえる?

結婚指輪など、刻印が入った指輪は買い取ってもらえないのではないかという心配もあるかもしれません。しかし、業者によっては刻印が入っていても問題なく買い取ってもらえます。なぜなら、指輪を中古品として販売する場合とは別に、素材として再利用するケースもあるからです。

 

中古品として販売する場合

指輪を中古品として販売するのは、その指輪がブランド品であったり、有名メーカーのものであるような場合です。人気のモデルなどは特に、そのまま売ったほうが商品の価値が高くなります。ただし、刻印は消して販売することになるので、刻印を消すことができるものであれば問題なく買い取ってもらえるでしょう。

しかし、刻印の状態などにより、消すことができない場合はブランド品として売ることが難しくなるため、素材としての査定になることもあります。

 

素材としての買い取り

そのままの状態で売ることができない指輪は、貴金属の素材として再利用することもできます。たとえばプラチナの結婚指輪の場合は、そのまま中古の指輪として売ることはできなくても、溶かして別の指輪の原料として使うことが可能です。溶かして使うのですから、もちろん刻印が入っていても問題ありません。

片方しかないピアスや、壊れたチェーンなども素材として使うことができるので、売るときには一緒に査定してもらうとよいでしょう。

買い取ってもらえない場合

自社でジュエリーの販売だけでなく、修理や加工、製造も行っている業者の場合は、素材としても価値はありますから、買取を断られることはほとんどありません。

中古品として販売する場合も、自社で刻印を消すことができるので問題ないでしょう。買い取ってもらえないのは、ジュエリー専門ではない、中古品店などの場合です。自社で刻印を消すこともできず、素材としても使えないので販売するのが難しくなってしまいます。

刻印のある指輪を持ち込むなら、ジュエリーの加工やリフォームも行っている専門店にしましょう。

 まとめ

メッキ製品などでない限り、素材として使うこともできるので刻印があっても指輪は買い取ってもらえるケースが多いです。ただし、刻印を消して販売するか、素材として溶かしてしまうかどちらかになるので、刻印を消すなどの加工技術のある業者を選びましょう。

一覧に戻る