一覧に戻る

葛飾北斎(かつしか ほくさい)

森羅万象を描き、生涯に3万点もの作品を残した葛飾派の祖。

「富嶽三十六景」でその地位を確固たるものとしただけでなく、風景画の新生面を開いた。

若い頃から大変意欲的で、版画だけでなく肉筆浮世絵にも傑出していた。

フィンセント・ファン・ゴッホなどの西洋の印象派芸術家や、工芸家、音楽家たちにも影響を与えた。

主な作品紹介

富嶽三十六景 凱風快晴

 

 

商品名

富嶽三十六景 凱風快晴

使用している
主なジュエリー

・カーネリアン(天然クォーツ)

・アヴェンチュリン(天然アパタイト)

・マザー・オブ・パール(天然シェル)

富嶽三十六景 神奈川沖浪裏

 

商品名

富嶽三十六景 神奈川沖浪裏

使用している
主なジュエリー

・オパール(天然オパール)

・ラピスラズリ(天然ラピスラズリ)

・ソーダライト(天然ソーダライト)

・アパタイト(天然あぱたい)

・ジルコン(天然ジルコン)

・マザー・オブ・パール(天然シェル)

 

一覧に戻る