時田聖加

ジュエリーカミネ 板宿店 スタッフさん(パートさん)
時田 聖加

子どものため、そしてなにより
女性としての自分のため
心に決めた最後の転職

昨年の10月よりジュエリーカミネで働いていますが、出産する前までは服飾の販売をしていました。
その後は子育てをしながら、飲食店や倉庫のピッキングのパートなどの仕事をしばらくしていました。
けれども性格的に単に歳を重ねることに不安があり、良い年齢の重ね方をしたいと思うようになり、思い切って「ネイルアートが楽しめる職場」にこだわって仕事を探しました。
今回を最後の転職と思って仕事を探していたのですが、ことごとく断られて、、、正直、妥協すればもっと楽で効率的に稼ぐことのできる仕事は見つかったと思います。
しかし、諦めず探し続け、縁あってジュエリーカミネに入りました。

ここでは毎日たくさんの方々に見られますし、多くの宝石の知識が必要となりますので、常に頭はフル回転ですが、良い緊張感があります。
それに70歳まで働くこともできますし、社員も目指すことができます。
生活や子どもの大学進学のためということもありますが、自分が歳を重ねていっても、楽しく過ごせる仲間やお客様がいてくださる仕事だと思い、今では、店長や仲間の薦めもあり、社員を目指していこうと考えています。

「最近めっちゃ笑うよな」

仕事を始めて1か月もしないうちに、子どもがそう言ってくれました。
これまでやってきた飲食業や倉庫でのピッキング作業の仕事は、決められた時間内に作業をこなせばそれ以上のことは求められませんでした。
けれども販売の仕事はゴールがありません。
とても大変ではありますが、やっぱり人と接することが好きだったんですね。
一生懸命やって売れる達成感にとてもやりがいを感じています。
実はたまに子どもが店舗に遊びに来てくれています。
そんな時も他の仲間たちは子どもを名前で呼んで温かく迎えてくれます。
家でもよく仕事の話をしますが、働いている仲間も顔見知りですので、安心してくれています。
最近ではテレビで宝石の話をしているとわざわざ私を呼んでくれたりもしていますね。
いつかは仕事をする子どもが、私の働く姿を見てよい影響が与えられたらと思います。

自分の成長にも、
子どもの教育にも役立つ仕事

さまざまな経験をしてきたこともあり、初めは良かれと思って私のやり方で仕事をすることもありましたし、私よりずっと若い店長の言葉をすんなり受け入れることができないこともありました。
ずっと自分がこうと思う感覚でいろいろとやってきましたので、けれどもなかなかうまくいかず、自分で勝手に年齢を理由にして落ち込むこともありました。
けれども、今でも探り探りではありますが、先輩に助けていただきながら、段階を踏んでいき少しずつ成果が出てきて、お客様もついていただけるようになってきました。
最近「考え方が変わったね」といわれますが、私自身はそこまで変わったとは思っていません。
ただ、店長がおっしゃってきた話が、だんだん分かるようになってきました。
これまでの仕事では現れることのなかった憧れの先輩もここにはいますし、様々な悩みを聞いてくれる仲間にも支えられ、本当にありがたいと思っています。
店長はじめ、みなさんがいつも気にして下さり、見てくれている。
だから頑張ろうと思えています。
そして、知識以上の人間的なことを学べています。
最近では、いい言葉だなと感じたことは子どもにも伝えるようにしています。
なかなか自分だけの価値観で子どもを育てるのは大変ですからね。

やっと言っていただけた、あの一言

この仕事を始めて4~5か月経って、やっと「時田さんに会いに来たで」と言ってもらえるようになりました。
そして、先日初めて「時田さんから買いたい」と言っていただきました。
私でもベテランの方から宝石を買いたいものです。
けれども、そんなベテランの方からではなく私から買いたいと言っていただけたことはとても光栄でした。
いくつになっても、今までできなかったことができるようになるのは嬉しいものです。
いろいろな工夫をして、お客様のことを考えて準備してきて、売れる達成感を感じながら、自分でもちょっとずつできるようになって、ちっちゃい自信をつけていっています。
自分次第でどんどん上を目指し、自分自身を磨いていくことができる。
奥の深い仕事ですね。

私たちと一緒にジュエリーカミネで活躍してくれる仲間を募集しています。

→ 求人情報を見る