北代郁子

ジュエリーカミネ 垂水店 スタッフ
北代 郁子

自分に素直に。運命の転職

ジュエリーカミネにパートとして入社したのは約2年前。
それまでは専門学校を卒業して、食品製造の仕事をしていました。
ただひたすら作っては売れていくのを見ていて、成果が見えにくいなと、働いてみて感じていました。
また、前職でも少しは接客をすることがあったのですが、そこでゆっくりとお客様とお話しすることはできませんでした。
少ない経験ではありましたが、お客様が喜んでくださるお顔を見ると嬉しく、接客の仕事に就きたいなと思っていました。

そこで2年ほど頑張っていたのですが、たまたま求人誌に載っていたジュエリーカミネのスタッフの皆さんの写真が楽しそうで、家から近いということもあって、応募を決めました。

その時面接してくださったスタッフの方は写真通り笑顔がとっても素敵で、その方には入社してからもすごくお世話になりましたね。

お客様にも育てていただき
感謝のお返しを

そんなこんなで転職した私ですが、販売に関してはほぼ素人。
入社したてのころは、大きな声も明るい笑顔も出せず、ほんと向いていないと思っていました。
けれども面接していただいた方を始め、ほかのスタッフの方にもイチから宝石や販売について教えていただきましたし、「会うと元気になる」と言って毎日のようにご来店くださるお客様とも出会うことができました。
そのようなお客様からは、苦手だった敬語に関して、ビシッとご指導いただくこともありましたね。

本当にたくさんの方に叱咤激励をいただきながらも、このままパートでもいいかなと考えていたのですが、ちょうど今年の夏ごろに上司から「ぜひ北代さんには社員になってもらい、一緒にお店を創っていきたい」との期待を受け、それならこれも転機かもと社員を目指してみたんです。
そして、たくさんの方に助けていただき、念願の社員になることができました。
それからは、自然と周りがよく見えるようになり、店全体の雰囲気を良くしようと思えるようになりましたね。
公私ともに毎日が楽しくなり、お客様からもスタッフからも「笑顔が増えたね」ともいわれるようになりました。
そんな仲間やお客様へ今、まだまだ感謝の気持ちを伝えきれていないという思いもあり、これからは今まで以上に「ありがとう」を伝えていきたいですね。

コツコツ素直にあせらず、一歩ずつ

様々な方にお世話になりっぱなしの私ですが、中でもNさんには、スランプに落ちた時にとてもお世話になりました。
入社して一年くらいたったくらいの頃、全然売上が上がらない時期があり、ちょうど同時期に入った方はうまくいっているように見えて、すごく焦っていました。
その気持ちを誰にも言えず、、、今でもそうなんですが、実は人見知りで、口下手なんです。
けれども、Nさんはすごく上手に私の言いたいことを引き出してくださって、号泣しながら、言いたいことを言うことで、スッキリすることができました。
どういう話かは忘れてしまいましたが。(笑)

そして、その時に、「一日にやることが決まっているお客様の眼鏡や宝石のクリーニング、電話かけや手紙書きをとにかくコツコツとやってみなさい」とアドバイスを受けました。
それまでもやってはいましたが、「やりつづければ必ず結果は出るよ」という言葉を素直に信じ、取り組んでみました。
すると不思議と気持ちが楽になり、前向きになれましたし、すぐではありませんでしたが結果も少しずつ出るようになってきました。

転機を迎え、毎日ウキワク!

お客様には、たわいもない世間話をしながら一緒に宝石を見て、お一人お一人の雰囲気やお話から、お似合いになりそうなジュエリーを素直な気持ちでお勧めしています。
そしてお買い求めいただく時はいつもお客様に喜んでいただける瞬間を目の前で感じられるので、とてもうれしいですし楽しいですね。
私自身も、毎日お店に来て仕事をするのが楽しいですし、もっともっとお客様にも来店いただくことが楽しくなるような店舗づくりができる人になっていきたいと思っています。
また、新しい、若い仲間も増えてきていますので、彼らや彼女たちにも、毎日楽しいと思って仕事をしてもらえるような職場づくりにも取り組んでいきたいですね。

私たちと一緒にジュエリーカミネで活躍してくれる仲間を募集しています。

→ 求人情報を見る