畠山悠

ジュエリー絵画事業部
趙ゆか

入社したきっかけは「夢探し」から

幼い頃から日本と中国を行き来し、実際にその国の人や文化を体験してきた私は、以前から一つの夢を持っていました。それは、何かを通じて国と国を結びつける仕事に関わりたいという夢でした。
大学四年生になり、日本の就職活動事情に詳しくなかった私は、少し出遅れながらも就職活動に励みました。在留期限が過ぎたら帰国しないといけないといった焦りもあった為、どのような仕事が自分の夢に近づくものなのかも分からず、とりあえずがむしゃらに中国人を募集している会社の説明会に参加し、履歴書を投げかけました。
しかし、どの会社の説明会を聞いてもしっくり来るものはありませんでした。面接に参加していても、常にこの仕事は本当に自分のやりたい事なのかと自分に問い続けていました。
そんな事を考えていたある日、中国にいた頃、父の知り合いの大学の先生が来て下さり通訳を担当していた事を不意に思い出しました。その時、その先生が紹介してくださったのがジュエリーカミネの社長だったのです。
「彼ね、宝石でキティーちゃんを作ってるんだよ」
宝石で出来たキティーちゃん!?
宝石とキティーちゃんがどう結びつくのだろうか?
丸ごと大きなダイヤをキティーちゃんの形に削るのだろうか?
まさかジュエリーで「絵画」を作っているとは、その時は想像もつきませんでした。
あの頃の会社はどうなっているのだろうか…。
そう思い、ホームページを開いてみました。そして、一番最初に目に入ってきたのがキティーちゃんのジュエリー絵画だったのです。
アニメ好きの私はすぐにそれに惹かれ、「他にはどのような作品があるのだろうか」、「どのような方々がこのお仕事をしているのだろうか」と思い、次々とマウスをクリックしていきました。
クリックしていく際に私が特に惹きつけられたのは、スタッフ紹介で皆さんが自分のやりたい事を見つけ、自分の夢や目標に向かって頑張っている姿でした。
私はどんな仕事がしたいのだろうか?
どんな人間になりたいのだろうか?
どうせするのだったら自分の好きな仕事で自分の夢を叶えたい!
カミネのスタッフさんのようにキラキラ輝きたい!
そう決心した私は、面接中の企業を全部辞めて、ジュエリーカミネ一筋で応募させていただいたのです。

入社して感じた先輩達のありがたさ

入社したての頃は不安で仕方ありませんでした。学生の頃と違い、責任が圧しかかってきますし、勉強と違って予習復習もできません。勉強だけを頑張り、学問だけで自分をコーティングしてきた時とは、わけが違うのです。そんな中、私の一番の支えになってくださったのが先輩方でした。間違ったところをはっきり指摘してくださり、不安な時は相談にも乗ってくださいました。おかげで不安も少しずつなくなり、自分に何が足りないのかにも気付くことができました。
カミネに入ってから、私は少しずつですが成長しています。失敗して落ち込む事もありますが、これからも先輩達の笑顔や応援の下で頑張りたいです。

「ありがとう」というやりがい

ジュエリーカミネでの仕事のやりがいは、やはりお客様からの「ありがとう」という言葉、そして何より自分に何が足りないのか気づくことができ、能力的にも人間的にも成長できることです。
私は現在ジュエリー絵画事業部でお仕事をさせていただいております。自分の大好きなアニメに関わることができ、お客様とも楽しく宝石やアニメのことについてお話しすることができます。一緒に懐かしいアニメのワンシーンをお話したり、何気ない日常会話や宝石の事などをお話したり、お客様と共に楽しむ事ができるのです。そして接客後、よく言っていただけるのが「お話しできて楽しかった、ありがとう」といった言葉です。その「ありがとう」の一言があるおかげで、私はいつも励まされ、頑張る事が出来るのです。
又、接客や普段の本部での仕事を通し、学校では学べないことが学べます。先輩達のお話を聞き、このような考え方があるのか、このようなやり方があるのかと、常に驚きに溢れた生活になります。毎日が勉強です。失敗し落ち込んでしまう事もありますが、ちょっとずつ改善していき、常に成長している自分を感じる事ができます。

「現在(これから)の夢」

私は、今後先輩方が「この人なら大丈夫」と安心して仕事を任せられるそんな存在になりたいです。
現在入社してから3ヶ月目に入り、だんだん仕事にも慣れてきました。
しかし、やはり学ばないといけない事も多く、まだまだ完璧に一人で仕事をこなすという事が出来ておりません。本当はもっともっと先輩方の助けになりたいのに、それがまだ出来ていなく気持ちだけが焦っています。常に勉強という事を忘れず、少しずつダメなところを改善していき、視野を広め、お客様や先輩達を含む周りの方々を笑顔にしていくのが、私の「現在(これから)の夢」になりました。
そしていつかは「ゆかちゃんなら大丈夫」と安心して仕事を任せてもらえ、先輩方と共にキラキラ輝ける存在になりたいと思っています。

私たちと一緒にジュエリーカミネで活躍してくれる仲間を募集しています。

→ 求人情報を見る