ブログ

宝塚北SA 『手塚治虫キャラクターカレー』3種類を販売開始

2018年9月21日

西日本最大級の規模 新名神高速「宝塚北サービスエリア」限定で

『手塚治虫キャラクターカレー』3種類を販売開始

『手塚治虫キャラクターサイダー』&『ベルサイユのばらサイダー』に次ぐ、

宝塚ゆかりのご当地お土産第三弾

 

株式会社ジュエリーカミネ(本社:神戸市中央区、社長:上根 学)は、当社が企画・販売を行っている『手塚治虫サイダー』『ベルサイユのばらサイダー』に続く、宝塚ゆかりのご当地お土産第三弾として『手塚治虫キャラクターカレー』3種類を、9月22日(土) から、西日本最大級規模の駐車場を持つ新名神高速「宝塚北サービスエリア」内にて、販売を開始いたします。なお、この商品は、「宝塚北サービスエリア」限定商品で他では購入できません。

発売するのは、国産ビーフを使った『鉄腕アトムカレー』、国産チキンとトマトやフルーツなどをふんだんに使ったキーマ風『リボンの騎士カレー』、国産黒豚とイカ墨を使った『ブラック・ジャック黒カレー』の3種類です。 今回のこだわりは、玉ねぎで有名な兵庫県淡路島産の玉ねぎを使用。すべて国産肉と国産野菜を使用、化学調味料・保存料は一切使っていません。レトルトタイプで、温めるだけでそのままお召し上がりいただけます。

価格は1袋180g入りで600円(税抜)、それぞれのキャラクターが描かれた単行本を模したパッケージは手塚治虫ゆかりの宝塚のお土産品として最適です。

本商品は、株式会社キャニオンスパイス(大阪府泉南市、社長:辻田 誉氏)に製造を委託。同社は、香辛料を専門に研究、販売しており、オリジナルブレンドのカレーパウダーを使用したカレールウとレトルトカレーを製造、販売しています。 近年、健康を害してしまうような添加物の使用が増え、アレルギーをお持ちのお子様が増える中、できる限り安心、安全な食材を使用し、体に優しいものを提供することをコンセプトにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社は手塚プロダクションとのライセンス契約のもと、2015年3月の創業110年を記念し「ジュエリー絵画Ⓡ 手塚治虫シリーズ」を制作、その売上げの一部を様々な社会貢献活動に寄付させていただいています。

なかでも復興、平和のシンボルとして「火の鳥」の作品を宝塚市「手塚治虫記念館」をはじめ、東日本大震災の被災地であり兵庫県阪神支援チーム(西宮市・宝塚市・川西市・猪名川町)が復興の後方支援をしている宮城県の女川町、南三陸町、岩手県の大槌町、大船渡市などに寄贈させていただく活動をしています。

また、神戸元町商店街の活性化など社会貢献活動として『手塚治虫ワールドフェスタ』の開催や、手塚治虫代表作「リボンの騎士」のサファイア姫が身に着けたものをイメージした王冠を制作、一般公開をするなど様々な活動を積極的に行っています。当社が企画・販売している『手塚治虫キャラクターサイダー』をはじめ今回発売する『手塚治虫キャラクターカレー』は、手塚プロダクションとのコラボ商品事業の一環として展開しているものです。

 

 

PAGE TOP