ブログ

『手塚治虫サイダー』リリース

2016年8月30日

夏の乾いたのどを「アトム」や「レオ」のボトルでさわやかに潤す

『手塚治虫サイダー』を新発売

 

 

株式会社ジュエリーカミネは、このたび『手塚治虫サイダー』を企画、9月1日より当社元町本店をはじめ各店舗、当社イベント会場等で販売を開始いたします。

ボトルのラベルデザインは「鉄腕アトム」「火の鳥」「ジャングル大帝」「三つ目がとおる」の4種類をラインアップ、製造は創業300年の能勢酒造株式会社(大阪府豊能郡能勢町)に委託し、価格は330ml瓶で280円(消費税抜)です。

 

本商品は名水百選の候補に上げられた「能勢町吉野『桜川』」と現在の炭酸水製造技術の融合により、新感覚の地サイダーで、しっかりとした甘味ながら、泡が細かく喉越し良く後口もスッキリしています。

『手塚治虫サイダー』の販売は“元町商店街の新しい名物“を目指しジュエリーカミネ元町本店をはじめ当社各店舗店頭や各種当社催事会場で行うとともに、将来的には冬場の需要も見込める高速道路のサービスエリアや温泉地等での展開も予定しています。

 

当社は手塚プロダクションとのライセンス契約のもと、2015年3月の創業110年を記念し「ジュエリー絵画Ⓡ 手塚治虫シリーズ」を制作、その売上げの一部を様々な社会貢献活動に寄付させていただいています。

なかでも復興、平和のシンボルとして「火の鳥」の作品を宝塚市「手塚治虫記念館」をはじめ、東日本大震災の被災地であり兵庫県阪神支援チーム(西宮市・宝塚市・川西市・猪名川町)が復興の後方支援をしている宮城県の女川町、南三陸町、岩手県の大槌町、大船渡市などに寄贈させていただく活動をしています。

また、昨年12月には神戸元町商店街の活性化など社会貢献活動として『手塚治虫ワールドフェスタ』の開催なども行っています。

今回発売する『手塚治虫サイダー』も、手塚プロダクションとのコラボ商品事業の一環として展開するものです。

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP